日経225先物、株式情報、個別銘柄や日経平均株価のマーケット情報や自動売買情報を投資顧問のテクニカルアナリストが分析

デイボード株式投資顧問 日経225先物 株式投資 マーケット情報

日経平均株価、日経225先物 テクニカル分析

日経平均株価、日経225先物テクニカル分析 【1月30~2月3日】 トリプルトップかボックス相場か上昇か

投稿日:

金曜日深夜のアメリカの値動きは

日本時間金曜日の深夜のアメリカはGDP速報値の発表があり市場予想の2.2%に届かない1.9%となりました。

トランプ大統領の政策期待からドルが買われ115円前半まで円安が進みました。

ダウ工業20,093.78-7.13
NASDAQ5,660.78+5.61

日経225先物の金曜日のナイトセッションは日中の終値-30円の19430円で終了しました。

今週の日経平均株価は今の段階では3つのシナリオが考えられます。

1つ目はこのまま下落をしてしまいトリプルトップのような
3つの山ができてしまい弱い相場となる。


このまま下落してネックラインを割り込めば売りサインが、出ますが今の段階ではまだ問題ありません。3回トライして19500円~19600円を抜けられなければ
利益確定売りが出やすくなり下落する考えです。

2つ目はボックス相場になる可能性があります。
具体的には18700円から19600円あたりを往復する可能性。

普段お使いの階段でも踊り場があるように昨年後半から上げすぎていますので時間的な調整があってもおかしくはなく、更に上昇する為にも調整は必要です。

3つ目は早い段階で19615円を明確に上回れば上昇トレンドは継続できる可能性が高まります。

日本のマーケットは世界の色々なマーケットに振り回されますし
トランプ大統領の発言でも振り回されますので、マーケットが動き出したら上記のシナリオを意識していただければと思います。

今週の日経平均株価及び日経225先物の予測
今週の上値の目途は

19600円

今週の下値の目途は

18700円

と考えています。

-日経平均株価、日経225先物 テクニカル分析
-

Copyright© デイボード株式投資顧問 日経225先物 株式投資 マーケット情報 , 2018 All Rights Reserved.